太陽光発電をはじめたいと考えている人は、東日本大震災以降、かなり増えたのではないかと思います。
もしもライフラインが止まったとしても、太陽光によって発電し、電気さえ使える状態にあれば、災害が起こっても何とかぎりぎりの生活を維持していけるのではないかと思うからです。
そんな太陽光を使っての発電で、大きくものを言ってくるのが日照時間です。
太陽が顔を出していればいるほど、電気を作れるチャンスが多くなるのですから、住んでいる街の日照時間がどれくらいあるかを知るのは、設置前にぜひともしておきたい事です。
前橋市は日照時間が全国平均よりも200時間以上も多く、全国で4番目に長い県庁所在地なのだそうです。
これはまさに太陽光発電にはうってつけの街と言っていいのではないでしょうか。
日照時間が長くなればそれだけ電気もたくさん作れ、システムの購入にかかった費用も早く回収できることになりますから、まさに前橋市は太陽光発電に最適な街と言えます。