パネルと太陽の関係

経済的にも環境にも優しい太陽光発電の需要はこれからどんどん広がっていくのではないでしょうか?
最近では、とある大手メーカーは広大なソーラーパネルを利用して電力供給を行っていくと発表しましたし、個人宅で使用するのはすごく敷居が高かったけれども国や地方自治体から出ている補助金を利用して太陽光発電を導入しようと乗り出している家庭も徐々に増えてきているそうです。
自然の力を利用することで、これからは原子力発電に頼らないで太陽光や風力・水力で電力を補っていくことができると二度とあのような悲劇的な原発事故を無くすことができるかもしれないですね。
それくらい企業や自治体だけではなく個人が注目する太陽光発電に関してもう少し知っておくべきことがあります。
太陽光という自然の力を利用して発電をするのですから、言うまでもなく電力の供給はその日の天気によって左右されます。
太陽の光とソーラーパネルとの関係を考えることで太陽光発電の導入を考えることになりそうです。
特に雨が頻繁に降る地域にお住まいでしたら太陽光発電を導入すると逆に電力不足の日々が続いてしまうかもしれないですし、年間を通じて降水量が比較的少ない地域でしたら導入すると太陽光発電ライフをより満喫することができそうです。
実際に、太陽の光が地上に降り注ぐ量はどれくらいだと思いますか?
思い切り晴れている晴天時で、地上に降り注ぐ際のエネルギー密度は、1平方メートルあたり1キロワット程度であり、ソーラーパネルのエネルギー変換効率は大体10~15%程度であることから、ソーラーパネル1平方メートルあたり、およそ100~150ワット程度の発電量が得ることができます。
一日あたりの有効日照時間が3・4時間ですので1平方メートルあたりのソーラーパネルは、1日あたり300~450ワット程度の発電量を期待することが出来るのです。
しかし日照の影響や送電ロスなどで、作られた電力の半分くらいが消耗されるので、そのことを考えてから太陽光発電導入を考えないといけないです。